スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2014.03.08 (Sat)

桜湯の作り方

節約術ランキング


桜の季節。まもなく散っちゃいますがw

桜茶には、食中毒や食あたりなどに効果があるといわれています。

さらに樹皮の抽出エキスは、咳をしずめ、タンをとる作用もあるため、市販のシロップ剤などに配合されています。

桜湯も、樹皮を使うので、花が散ってしまった後でも楽しめます。

この桜の樹皮を煮出した桜湯には、湿疹、打ち身などの炎症抑える働きがあります。



桜湯の作り方
1. ソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマサクラいずれでもOK。
夏に樹皮をはぎとり、刻んで日干しにしておきます。

2.乾燥した樹皮50gを布袋に入れます。

3.布袋を鍋に入れ、水から15~20分間煮出します。

4.煮汁は布袋ごと浴槽に入れます。

風呂に花びらを一緒に浮かべれば、風雅な春の趣も味わえます。


効果効能
桜の樹皮を煮出した桜湯には消炎効果がみられ、湿疹、打ち身などの炎症に、濃く煎じた液を塗ると効果があります。

実際に浮腫のできたネズミを用いて、それぞれ「さら湯」と「桜湯」に3回入浴させた後、浮腫の面積の変化を測定しました。

その結果、「桜湯」のラットの方が「さら湯」に比べて浮腫が小さくなり、炎症を抑える働きがあることがわかりました。

桜20140405

関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

01:16  |  その他節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/949-2f3addec

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。