スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2014.02.23 (Sun)

りんご 冷蔵・冷凍保存方法

節約術ランキング


りんご


保存方法
リンゴは低温で湿度の高いところで長持ちします。

新聞紙に包んで、ダンボール等に入れて、涼しい場所で保管しましょう(冬なら長期保存可能)。

1ヶ月以上保存する場合には、ビニール袋に新聞紙を入れておくと、炭酸ガスや水分を吸って、長持ちします。



冷凍方法
りんごは皮をむき、いちょう切りにします。(皮はお好みでw)
冷凍保存袋に入れて、冷凍庫に入れます。
2週間くらいは保存可能です。

※りんごは冷凍すると組織内の氷で組織が破壊され、解凍の際に水分が分離してしまいます。
シャーベット感覚で召し上がるか、砂糖煮やジャムなどに加工しても使えます。


生のりんごをすりおろして冷凍する方法もあります。
すりおろしたりんごを保存袋に薄く平らに入れて冷凍する。
半解凍してヨーグルトに混ぜたり、カレーに入れるなどの用途で使えます。



20140330りんご



選び方
「つがる」「紅玉」「ジョナゴールド」など、夏の終わりにまず店頭にならぶりんごは長期保存に向きません。
保存には「ふじ」が適しています。
保存期間は品種や冷蔵状態によりますが、「ふじ」を野菜室に入れた場合なら2~3週間持ちます。

実が硬く、良く引き締まったりんごは、歯ごたえも良く、重いりんごは瑞々しく美味しいりんごです。
反対に、触ったときにやわらかいようなさわり心地であったり、持ったときに軽いりんごは、スカスカして味のボケたリンゴの可能性が高いです。

ツルがみずみずしく、はりのあるものは新鮮なりんごです。
反対に、ツルがしなびているリンゴは鮮度が落ちている可能性が高いです。
ツルが太ければ栄養がたくさん吸収できるため、糖分の高い美味しいリンゴです。


→ ☆野菜の保存方法☆

関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

23:45  |  食費の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/941-c2130aa6

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。