スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.12.22 (Sun)

消費税増税前に買っておくべきものは?

節約術ランキング


2014年4月より、消費税率が5%から8%へ引き上げられます。

さらに2015年10月には10%になることが予定されています。


増税となる前に買っておくべきものはありませんか?

ぎりぎりになってバタバタではなく、今から準備しておいたほうがいいですよね^^


3%の増税分が大きく響くのは、やはり購入金額の大きい商品です。

住宅・自動車・ブランド品・家具・家電など高額商品の購入予定はありませんか?

今からしっかり計画をたてておいたり、見積もりをとって考えてみるといいですね^^


住宅購入の場合は、数千万単位の買い物になります。3%の違いが数十万円以上の負担増となります。

消費税率は、基本的には、住宅が引き渡される時の税率が適用されます。
したがって消費税5%で住宅を購入するには、住宅の引き渡しが2014年3月31日までに完了する必要があります。
半年前までに契約した物件に関しては、納入、引き渡し時が税率アップ日をすぎても前の消費税が適用されるそうです。
今回の税率だと2013年9月30日までに契約した場合に関しては、引き渡し日に関係なく税率適用されます。
今回は間に合わなかった方でも10%になる前を考えるのならば、半年前までに計画するといいです。

しかし、住宅や自動車などは、需要と供給のバランスによる価格変動が生じやすい商品です。
増税前は需要が大きいため値下げや値引きがされにくくなることが予想され、逆に増税後は需要が減じ、値下げなど価格交渉をしやすくなります。
ちなみに車に関しては一番安くなるのは3月です。
ほしい車があるのなら、ほしい車の系列会社数か所当たるといいかもしれません。
3月決算のため、売上が足りないところなどはかなり安くしてくれるはずです。
もちろん売上が十分なところは値引きしてくれません。
同じ系列の会社でもほしい車があるならば数か所あたることをお勧めします。

高級ブランド品や宝飾品なども増税前の購入を検討してもいいかもしれません。
これらは増税前の駆け込み需要による価格高騰や、増税後の需要減による値下げが想定しにくく、増税前後で価格差が表れやすい商品です。
増税前に購入しておくことのメリットがあるといえるでしょう。

また日用品も増税後は価格が上昇しやすくなります。
確実に消費することが予想されるものについては、増税前にある程度のまとめ買いをすることは有効です。

※ただし、さほど必要のないものまで無駄に買い込むことは、かえって節約に逆行します。

関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

19:38  |  その他節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/881-990eaf4c

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。