スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.11.26 (Tue)

家電プラグを抜くだけで年4980円の節約に!

節約術ランキング


家電プラグを抜く


家電製品は主電源を切っても待機電力があります。

一般家庭における待機電力は消費電力の約7~10%

ガス給湯器や風呂釜の給湯パネルとブルーレイディスクレコーダーは気づいてない人も多いのでは。

つきっぱなしの給湯パネルは大きな電力を消費します。

使用していないブルーレイディスクレコーダーも使用時の約70%の電力を消費しています。

こまめにコンセントを抜く習慣は大きな節約です。

ちなみに一般家庭の月平均の電気代約8,300円のうち、10%を待機電力が占めているとすると830円

その半分をカットできたとすれば月415円年に4,980円の節約になります。

最近は、電源を切るだけで待機電力が0になるタイプのものも売ってますので購入時は確認を。

ただただ電源を切るだけでこれだけ変わってくるのです。

家電の電源落としても待機電力は消費されますので。

なので、コンセントからオフにしたほうがいいですね♪

またスイッチ付きの節約タップを使えば、コンセントの抜き差しが要らず便利です。



節約タップを利用すると便利♪
コンセント差込口一つ一つにON/OFFスイッチがついています。
コンセントの抜き差しの手間が省けるのとワットメーターがついているものは、電化製品の消費電力の数字が瞬時に表示されます。

節電意識がつくかもしれませんね^^

普通のでも、かなりオン・オフが楽になります。



→ 電気代の節約方法【一覧】

関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約電気代

16:05  |  電気代の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/786-b4065289

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。