スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.05.23 (Thu)

照明はこまめにふいて明るさキープ

節約術ランキング



ワット数をあげる前にこまめに掃除すると部屋の明るさをキープできます。

照明器具にはカバーがあると思います。傘のようなタイプもありますし、天井に埋め込まれたタイプもあるでしょう。ランプもシェードもほこりで汚れやすいです。

1年掃除しない場合、本来の明るさから20%~40%もダウンしてしまいます。

一週間に一度は、気づいた時にランプをふいたり、ほこりを取るようにしましょう。

電球と蛍光灯も拭いてみるとさらに明るくなります。



☆掃除の前に☆
まず電源は必ず切る。
使用直後はランプが加熱していることがあるので、十分冷めてから作業をしましょう。
セード、ランプなど、器具から外れる部分は外してからの方がお掃除が楽です。
作業する時には、濡れた手で器具に触らないように注意してください。


☆掃除方法☆
ランプのガラス部分は中性洗剤で拭くか、水拭きをします。
ランプの金属の部分が濡れないように注意して吹いてください。
器具の本体は乾いた布でほこりを取るか、中性洗剤を使用する場合は固く絞った雑巾を使用し、器具の内部に水が入らないように十分注意して作業してください。
セード部分は、ガラス・プラスチック製の場合は中性洗剤で水洗いをします。
布や紙でできたセードの場合は、布やブラシでほこりを落します。水洗いや化学雑巾を使っての掃除は、シミなどの原因になりますので避けてください。

☆掃除後☆
水分が完全に乾いてからセットします。
セットする際は、本体にきちんと固定されているかよく確かめましょう。


→ 照明で節電

関連記事


節約・貯蓄ランキング

15:53  |  電気代の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/782-65fe1014

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。