スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.04.19 (Fri)

ご家庭の電力消費の6.0%が待機電力

節約術ランキング



ご家庭の電力消費の6.0%が待機電力


知らないうちに、電気を使っています! 

ご家庭の電力消費の6.0%(約6,420円税込)が待機電力

待機電力とはご存知ですか?

スイッチを入れてなくても、コンセントにつないでおくだけで消費する電力のことです。

使わないときは主電源をオフにする、長時間使わないときはプラグをコンセントから抜くなど、使い方に気をつけるだけで1年間で約2,570円の電気料金を節約できるといわれています。

待機電力20130419

待機電力を消費するものは、以下の3つに分類できます。
1.ビデオデッキや電子レンジのように内蔵時計やモニタ表示等の機能維持のために消費するもの
2.テレビやラジカセのように指示待ち状態で電力を消費するもの
3.機器によっては主電源を落としていても、コンセントをつないでいるだけでわずかながら電力を消費するもの

1 の場合はコンセントを抜くと内蔵時計が狂ったり、設定がおかしくなるなど、機器の特徴をよく理解することが必要になります。
その上で、時計が内蔵されているものの、同じ部屋に別の時計があるため必要ない場合や、長期間留守にするなど長く使用しないことがわかっている場合などには、主電源を切ってしまってもいいのではないでしょうか。

2 の場合は比較的容易に削減が可能です。
リモコンで電源を落とせる機器では、消したあとも小さい光が指示待ちのために待機しています。
夜間や外出時などには、主電源を落として、無駄な電力を防ぐことができます。

3 の電力消費を防ぐためには、どんな機器でも長時間使わないときはコンセントを抜く習慣を身につけてしまうことも有効です。
いちいちコンセントを付け外しするのは面倒かもしれませんが、落雷などで過電圧がかかって機器を壊す危険性を回避することにもつながります。
コンセントの差込口近くに機器名の札をつけるなどすると、使用時に混乱がなくて便利かもしれません。


待機電力量を知るには、商品に関するカタログでも確認できますし、市販の消費電力計を使うこともお勧めです。
3,000~25,000円などと価格帯に幅はありますが、基本性能としては家電製品のコンセントに電力計を介してつなげることで、使用時間・積算電力量・電気料金などが表示されるものです。
家庭の電力消費の無駄を省くには、まずは現状把握・分析をしてみるのが効率的ですね。

GETPLUS ( ゲットプラス ) 楽天店TAP-TST8 ワットモニター:サンワサプライ[L7]--

ワットモニター
価格:4,172円(税込、送料別)





関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約電気代

18:50  |  電気代の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/777-d7403baf

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。