スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.03.25 (Mon)

キャベツの保存方法・選び方

節約術ランキング


キャベツの保存方法


丸ごと購入の際
すぐ使う場合
スーパーのビニール袋などに入れて、キャベツが呼吸出来るように口を緩く閉じ冷蔵庫の野菜庫に入れます。


少し長持ちさせたい場合
キャベツは、芯から腐ってきます.

切っていない丸ごと一個のモノであれば包丁などで芯をくり抜いてから、芯をくり抜いた部分に水を含ませた紙(キッチンペーパー・ペーパータオルなど)を詰め込んで、冷蔵庫の野菜室に保存

また、冷蔵庫に保存しておく場合、全体を新聞紙やラップで包んでおくかポリ袋などに入れ、芯の部分を下にして保存しておく

キャベツは外葉からはがして使っていくと、残った分も鮮度を保って保存できます。

キャベツは切断面が多くなると呼吸が増えて「味や栄養価」が落ちてしまいます

カット売りされたキャベツは傷みも早いため、できれば早目に使いきったほうが良いでしょう。



冷凍保存方法
ざく切りにして、水につけてパリッとさせ、水気をよくきって保存袋に入れて冷凍。

軽く茹でて水気を切り、保存袋に入れて冷凍。

フライパンで炒め、冷めたら保存袋に入れて冷凍。

ロールキャベツにしたり、お好み焼きにしてから冷凍庫へ。


20140407キャベツ



キャベツの選び方
ずっしりと重みがあるもの。

しっかりとしたみずみずしい外葉が付いたままの物が良いです。
外葉は鮮度の目安になります。
古くなるほど外側の葉がしなびたり、色あせてくるので、売る側はそうなるにつれて外側の葉を剥いていきます。なので、外葉が無く、白っぽい玉の状態で売られている物は古くなっているか、外葉が虫や搬送の際に傷んだと考えられます。

底を見て、軸の部分の切り口が新しいかどうか、そして、太すぎないかをみます。
太すぎるものは、葉の硬い軸の部分も多いと思って良いです。

なるべく緑が濃い物の方が良いです。


→ ☆野菜の保存方法☆

関連記事


節約・貯蓄ランキング

保存方法選び方

17:26  |  食費の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/753-9fcc7430

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。