スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.08.12 (Mon)

山芋(長芋・自然薯)の冷蔵・冷凍保存方法

節約術ランキング


山芋(長芋・自然薯)の保存方法


丸ごと一本のままの状態の場合
新聞紙に包んで風通しのよい冷暗所に置いておくと良い。
また、湿らせた「おがくず」に埋めておくと更に長期の保存ができる。

カットされた山芋の場合
切り口から変色して傷んでいきますので、切り口が空気に触れないようにラップでしっかりと包んでから冷蔵庫で保存してください。1週間程度保存できます。



冷凍保存する場合
山芋をすりおろして「とろろ」の状態にしてから、冷凍可能なポリ袋に入れおけば、数ヶ月程度の保存ができます。
※「とろろ」の状態で冷凍保存する際に、薄く伸ばした板状にしておくと、利用する分量のみ折り分けて使えるので調理の際に便利です。

皮を剥いて丸のまま冷凍することも可能です。
その場合食べる際に凍った状態のまますりおろして利用します。


img5555353620130827.jpg


選び方
表皮の色が肌色で張り艶があり、ふっくらと太くまっすぐに伸びたもので、ひげ根は取れずに残っているがなるべく元から少ない物の方がアクが少ない。
手に持っった時にずっしりと重みを感じるものを選びましょう。
表面に黒っぽいシミが出ている物や、傷があるものは避けてください。

カットされた物の場合
切り口が白くみずみずしいもので、なるべく太い物を選びましょう。
切り口が変色している物は鮮度が悪く、細い物や首に近い部分の細い物はアクが強い物が多いようです。



関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

17:19  |  食費の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/698-98b73222

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。