スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.09.18 (Wed)

スマホ節電方法

節約術ランキング


スマホを節電するための設定をご紹介します


・Wi-Fiをオフにして節電
スマホをWi-Fi経由で接続していないときは機能をオフにしておくと節電になります。
(iPhone)設定→Wi-Fi
(Android)設定→無線とネットワーク→Wi-Fi



・Bluetoothをオフにして節電
Bluetoothとは、対応のキーボードやイヤホンなどを物理的にスマホに接続させることなく利用できる規格です。
使っていないのであれば、Bluetoothもオフにしておくことで節電になります。
(iPhone)設定→一般→Bluetooth
(Android)設定→無線とネットワーク→Bluetooth



・テザリングをオフにして節電
テザリングとはスマホを介して、他のパソコンなどをインターネットに接続する機能ですので、こちらも利用していない場合はオフ。なおテザリングは対応していない機種もあります。
(iPhone)設定→一般→モバイルデータ通信→インターネット共有
(Android)設定→無線とネットワーク→テザリング(Wi-FiテザリングやWiMAXがあります)



・画面の明るさを調整して節電
意外と忘れられがちですが、画面が明るいほどに電力を消費してしまいます。画面の明るさは自動、もしくは見づらくない程度に暗くしておくと節電になります。
(iPhone)設定→明るさ
(Android系)設定→表示→画面の明るさを抑える



・GPS機能オフ
地図アプリなどアプリケーションによってはGPS(位置情報)を必要としているものもありますが、それを利用していないときは、GPS機能もオフにしておくと節電になります。
(iPhone)設定→位置情報サービス
(Android)設定→現在情報とセキュリティ→GPSを使用



・自動オフ時間を短くして節電
スマホは一定時間利用していないと、自動で画面が暗くなりスリープ状態(ロック画面)に入るようになっています。この時間を短くすることで節電に。
頻繁にスマホを利用していて、かつ瞬時に反応しなければ困るという方以外は極力短めの設定にしておきましょう。
(iPhone)設定→一般→自動ロックの時間を短くする
(Android)設定→表示→画面消灯の時間を短くする



・着信時の設定を見直す
メールや電話の着信時に、イルミネーションライトがついたり、バイブレーターが振動したりする設定になっていれば、その分の電池を使っています。不要であればオフにして節電。
(iPhone)設定→サウンド→バイブレーション
(Android)設定→音



・使っていないアプリを終了させる
スマホはそのとき使っている画面以外見えないもので、知らない間に複数のアプリを起動したままということが多くあります。
それらのアプリが使っていないのに同期するために通信していたとしたら、余計に電池を使ってしまうので、使っていないアプリはこまめに終了させましょう。
(iPhone)利用時にホームボタンを2回タップする→画面下部に表示されたアイコンを長押し→アイコンの左上に赤丸に横線のマークが出たら、使っていないアプリのアイコンの赤丸部分をタップする
(Android)設定→アプリケーション→実行中のサービス



・電波の弱い場所では電源をオフ
受信できる電波が弱い場所にいて長時間利用しないのであれば、電源を切っておくと節電になります。電波を探そうとして余計に電池を使ってしまっているからです。

関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約節電

12:59  |  電話代の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/653-11ef3dab

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。