スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2013.10.10 (Thu)

ナンバーディスプレイ契約なしでも電話番号を調べる方法

節約術ランキング


ナンバーディスプレイ契約なしでも電話番号を調べる方法


固定電話で発信者の電話番号を知るには、『ナンバー・ディスプレイ』の契約や対応電話機等が必要です。

しかし、契約不要・普通の電話で発信者の電話番号がわかるサービスがあります。

ご存知ですか?


ナンバー・ディスプレイとは
電話がかかってきたと同時に発信者の電話番号を表示してくれるサービスです。
年間4800円かかります。


携帯電話やISDNなどのデジタル通信網では、普通に出てきます。
しかし、固定電話では、標準でこの機能はついていません。
NTTの固定電話で「ナンバー・ディスプレイ」を申し込むと月額400円の利用料が発生します。
なおかつ電話機もナンバー・ディスプレイ対応にするか、もしくは番号表示する機械を設置する必要があります。最近の子機つきの家庭用電話機だとナンバー・ディスプレイ対応のものも多いと思いますが、それでもあまり利用価値を見いださない人にとっては年間4800円はもったいないです。


NTT東日本・西日本には『ナンバーお知らせ136』というサービスがあります。
これは、事前のお申し込みが不要です。
最後にかかってきた相手の電話番号などを、音声で知らせてくれるサービスです。
ただし、利用できる回線は加入電話、ライトプランに限られてます。
ISDN回線の場合は利用できません。
電話に出た場合でも、出る前に切れてしまった場合でも調べることはできます。
キャッチホンで割り込み着信があった場合も調べられます。


利用方法は、受話器を取って「136」をダイヤルします。
『最後にかかってきた相手の方の電話番号をお知らせする場合、数字の「1」を押してください。』
というガイダンスが流れたら「1」をダイヤルします。
『1月1日午前1時1分に「0345678910」から着信がありました』
というように日時と相手の電話番号を音声にて案内してくれます。
この後に続いて「3」をダイヤルすると、この番号に折り返し電話をすることができます

利用料は1回30円(税込31.5円)で、毎月のダイヤル通話料と一緒に請求されます。

ナンバー・ディスプレイは都度利用料は不要ですが、全く利用しなくても月額利用料が400円。


「ナンバーお知らせ136」と似たサービスで『ナンバー・アナウンス』というサービスがあります。
これは過去5件の着信履歴を知らせてくれるサービスで月額利用料が300円必要です。
ナンバー・ディスプレイと比較すると1ヶ月13回以下、ナンバー・アナウンスと比較すると1ヶ月9回以下の利用ならばナンバーお知らせ136の方がおトクになる計算です。

ちなみに、ナンバー・ディスプレイ同様、相手が非通知で発信した場合や公衆電話、国際電話の場合は番号を案内できません。
この場合料金は無料ですので安心して利用できます。



ガイダンス例
公衆電話からの通話の場合
○○月○○日午前/午後○○時○○分に着信がありました。
相手の方が公衆電話からおかけになっているため、電話番号をお知らせできません。
この記録を消去する時は数字の「9」を押してください。

電話番号を通知しない通話の場合
○○月○○日午前/午後○○時○○分に着信がありました。
相手の方が電話番号を通知されていないため、お知らせできません。
この記録を消去する時は数字の「9」を押してください。

国際電話など電話番号を通知できない通話の場合
○○月○○日午前/午後○○時○○分に着信がありました。
相手の方の電話からは番号を通知できないため、お知らせできません。
この記録を消去する時は数字の「9」を押してください。


電話20130601



関連記事


節約・貯蓄ランキング

電話代

16:17  |  電話代の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/280-754f5f3d

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。