スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2015.06.28 (Sun)

卵の新鮮さの判断の仕方

節約術ランキング


 
少し古くなった卵を使う時に、この卵まだ大丈夫?と悩んだ場合


食塩水に浮かべみるという方法もあります。

古い卵は食塩水にプカプカ浮いてしまうのです。

完全に浮いてしまったものはもちろんもうダメです

水中に浮いているものももう古くなっています。食べれません!

浮いてはいるけれど反対側は底についていれば食べても大丈夫です。

本当に新鮮な卵は食塩水に入れても真横に沈みます。



日がたつにつれて浮いてしまう理由
まず卵黄、卵白ともにだんだんやわらかくなってきます。

密閉されているように思いますが、殻の外に水分が蒸発し、卵の中のすきまが増えていきます。

呼吸もしているので二酸化炭素もたまっていき、さらに大きくなっていきます。

こうして古くなると比重が減っていくので食塩水に入れると浮くという減少が起こるのです。


thMIZ1B3O020150627.jpg

関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

20:18  |  食費の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/1378-3ca64602

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。