スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2014.11.22 (Sat)

えびの冷蔵・冷凍保存方法

節約術ランキング



えびの保存方法
頭や内臓が取ってあるエビの場合にはそのままの保存でも大丈夫です。

頭付のエビはかなり痛むのが早いです。
そのまま冷蔵庫に入れておくと、翌日には頭が真っ黒になってしまい、黒い水分が出て、少しずつ臭みが出てきます。

殻付、頭付のままタッパーに入れ、完全につかるまで氷水を入れて冷蔵庫(チルドルーム)へ入れてください。

期限 1日~2日





冷凍保存方法
えびは解凍物が多く、再冷凍すると味が落ちにおいもきつくなります。

解凍物はゆでて保存するのがおすすめします。
ゆでるときは殻つきのままの方が味が落ちません。

生えびは頭・背わたを取って水で洗ってから水けをよくふきとり重ならないように冷凍する。
調味料で味つけをして冷凍すると、保存力が高まり味もおちません。

頭付のエビを冷凍する場合
殻付、頭付のまま、早く凍るようにタッパーに氷水を入れて、冷凍庫へ入れてください。
氷の板の中にエビがうまっている感じにして凍らせると一番保存がききます。

冷凍保存期間:
生 2~3週間
ゆでたもの 3~4週間


→ ☆食材の保存方法☆



関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

13:42  |  食費の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/1170-d613554c

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。