スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2014.10.25 (Sat)

うどんの冷蔵・冷凍保存方法

節約術ランキング



うどんの保存方法
冷蔵庫に入れて保存する。
市販生めん、未開封 2週間
市販生めん、開封後 2〜3日
できれば数日で消費したいところです。

冷凍保存方法
まとめて安売りされているうどんは、いっぺんに使い切れずに腐らせてしまうまえに、袋のまま冷凍。
使いたいときにすぐ使えるので余分に購入し冷凍保存をおすすめ。
冷凍保存期間は約1ヶ月です。





選び方
新鮮で弾力性のあるものがよい。
生めんは古くなると、弾力性が失われ、もろくなる。


ためしてガッテン2012年05月30日放送
乾麺でおいしい釜たまの食べ方!
卵をからめた「釜あげ」うどん=「釜たま」をおいしく食べるコツ!
ポイントは、「とにかく温度を下げない」こと。そのための手順です。

1.うどんの麺をゆではじめます。(この前後に、「食べる準備」も整えておきます。)
2.丼をあらかじめお湯で温めた後、生卵を割り入れ、溶いておきます。
3.麺がゆであがる直前、鍋の中にザルなどを入れ、麺をお湯から出さないようにしながらザルに移します。
ゆであがったら、手早くお湯をきり、2で用意した丼の中へ入れます。
4.なるべく早くかき混ぜて、麺と卵をからませます。
白身が麺の周りで固まり、まとわりついてきたら成功。
5.しょうゆをお好みの量入れ、できるだけ早く食べます。
ふんわり、あつあつの「釜たま」を味わえます。
※熱いので、やけどにご注意ください。


→ ☆野菜の保存方法☆


関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

18:26  |  食費の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/1140-158d0348

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。