スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2014.09.08 (Mon)

包丁の保存方法

節約術ランキング


保存方法
使い終わったら洗剤などを使い、汚れをキレイに洗い落とします。

そして乾燥したタオルや布巾で、水気を完全にふき取ります。

※殺菌と乾燥をかねて火であぶる方がいますが、これは厳禁です!!

火であぶると刃がなまってしまい、切れ味が格段に落ちてしまいます。

殺菌したい場合は、熱湯消毒するようにしましょう。


しばらく使わない場合
サビ防止のため刃物用のお手入れ油や、サラダ油などの植物性のオイルを軽く塗ります。

サラダ油は長期間経つとべた付いて落ちにくくなることがあります。

何年も長期間保管される場合は、少なくとも一年に一度は塗り直すか、刃物お手入れ油をご利用ください。

この後は、新聞紙に包んで保管します。

水気をよくふき取って、乾燥した場所に保管するのですが、新聞紙は湿気から刃をガードしてくれますので、保管方法としておすすめです。





包丁のさびを防止する方法
フライパンで米ぬかをよく炒り、深めの容器に入れてそこへ包丁を刺しておくと錆びません。

しばらく使わないときは、布か新聞紙に包んでしまっておきましょう。



包丁についた油汚れの落とし方
包丁についた肉の油汚れは、大根の頭部分でこすり落とします。



関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

18:31  |  生活の知恵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/1092-2cfaac6f

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。