スポンサーサイト

節約術ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


節約・貯蓄ランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2014.08.23 (Sat)

生姜の栽培【家庭菜園】

節約術ランキング


生姜をプランターで育てると便利ですよ♪

生姜は、1年を通じて欠かせないものです。


・4月に種生姜を植える

※スーパーに売ってる生姜でも白い芽が出てくる場合は育つ可能性があります
※生姜は15℃以上で発芽していきます。
東京であれば平均気温が15℃程度になるのが5月ですので、 平均気温15℃を目安に考えて頂ければわかりやすいかと思います。
事実6月に植えても、7月に植えても、小さいですが、生姜は出来ます。
土の中にいる期間が長ければ長い程大きくなれる事を覚えておいてください。


生姜を植える場所
生姜は半日陰で良く育つと言われています。
直射日光が当たらないなどベストな条件はありますが、建物や木々など、1日の何時間かが日陰になる様な場所で
問題無いです。

水のやり方
水は与えすぎると美味しい生姜に育たないと言われていますが、 干ばつが続くと芽が出ない場合があります。
自然に降る雨が充分であれば良いのですが、そうも行かないので、水はけを見ながら、毎日水をあげても問題ないと思います。

収穫時期
種植えから芽が出るまで、30日~50日程かかります。
新生姜を収穫したい方は夏に
根生姜にしたい方は霜が降りる前の11月頃に収穫してください。
新生姜の収穫時期は遅ければ遅い程大きくなりますが、8月の後半あたりから、徐々に土の中で生姜が茶色く色づいて来ます。
白い新生姜をお求め方は7月後半から8月前半に収穫するのがお勧めです。

根生姜の保存方法
霜が降りる前に収穫した生姜は泥付きのまま保存します。
保存方法は15℃前後で湿度は90%程度がベストですが、
家庭でそれを再現するのは非常に難しいので、土付きのままビニール袋に入れ、寒すぎない、熱すぎない室内に保存するのが家庭で保存するベストな方法です
2~3ヶ月程寝かせると茶色く色づいた根生姜が出来上がります。


→  簡単な家庭菜園♪

関連記事


節約・貯蓄ランキング

節約

16:13  |  食費の節約術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑


コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

http://savingrichlife.blog89.fc2.com/tb.php/1080-4eefa297

この記事へのトラックバック


▲PageTop

ブログ内検索

アンケートモニター情報

商品モニター

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

お得情報

期間限定キャンペーン中

アクセスランキング

スポンサードリンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。